スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭木伐採で高額罰金!(朝日新聞の記事から)

樹木の保護について、そういえば、以前記事を見たような・・・と思い、探したら見つかりました。

朝日新聞電子版の「世界のウチ」というシリーズでの、カナダについてのコラム記事(2010年12月1日)です。http://www.asahi.com/housing/world/TKY201011300227.html
これはいつまで閲覧できるのかな?

大まかな内容は、

バンクーバーでは、自分の家の敷地内であっても、直径20センチおよび高さ1.4メートル以上の樹木を切るには、自治体に届け出て許可を取る必要があるそうです。このような条例を定めているのは、都市の緑の保全に加え、坂の多いバンクーバー周辺で、地すべりを防ぐためでもあるとのこと(弁天町の大エノキも、まさしくこの役割!)。

手続きが面倒くさい、と内緒で勝手に伐ってしまう人もないわけではないようですが、ある高級住宅街の物件で、良い値段で売るために眺望を良くしようと木を伐ってしまった不動産会社に対して、20万5000ドル(約1643万円)もの罰金が科せられたそうです!!物件は12億のものだそうなので、その1%ちょっとではありますが、やっぱりとんでもない金額です!

すごいですね~。木の重要性が地域全体に共有されているのですね!(KY)

無断伐採禁止!


スポンサーサイト

もとは川だった坂

ムクノキのある崖を下と上から撮ってみました。とても急な坂です。この坂道はもともと川で、今は暗渠になって水が流れているそうです。
小学生のリーフレットには書かれていませんでしたが、ここを川が流れてきて、古地図にある川筋とぐるっとつながっていたとの事です。
崖の下のムクノキは、上から水が流れてくるのを受け止めるストッパーなのですね。(投稿 by norih)

もとは川だった坂
(下から撮った写真、ムクエノキが右側)

もとは川だった坂2
(上から撮った写真、ムクエノキが左側)

河道とムクエノキ

以前紹介した小学生のリーフレットに、地域の地形とムクエノキの関係を、古地図を使って、なぜここに大きなムクエノキが育ったかを紹介しているページがあります。その部分をもう一度、拡大画面で紹介します。

このあたりが台地の端にあり、水が沸き、そして、水が流れ込む地域であることがよくわかります。実際この辺では、マンションなどの開発のために地盤を堀ったりすると、たいてい水みちに当たってしまい、水が沸いて沸いて、とても困った事態に陥ってしまった物件が多いそうです。


ゆうきリーフレット一部




崖の色

木のある方の崖(写真 上)は、ちょっとコケは生えていますが乾いていて、反対側(写真 下)は常に湿っています。
水の大好きなムクノキが、いつも大量の水を吸ってくれているんですね。
雨が降ると木の緑が生き生きしている、と長年木を見続けている会長さんが言っていました。

むくえのき側の崖

むくえのきのない側の崖

(投稿 by norih)

ムクエノキの保水力

雨の降った後の、崖の状況です(ムクエノキは、崖の上、写真のもう少し左側に生えています)

2015年10月11日(雨の後の崖)

2015年10月15日(その後の崖)

上: 10/11 午前10時。 朝がたの雨が止んだ後。斜面から流れ落ちる雨は、最終的に崖のふちにあるムクノキの根が張った土が保水してくれるのでしょう。雨が降ると擁壁に水が染み出して真っ黒になります。

下: 10/15 その後ずっと快晴の日が続きましたが、崖の土壌は常に水が貯まっている状態なので、水の跡が乾く事はありません。

(投稿 by norih)
プロフィール

むくのき・えのき

Author:むくのき・えのき
都心 新宿区の街なかに残されたエノキ(ムクエノキ)の巨樹を何とか残したいと地域住民で立ち上げた会、「巨樹の弁天町エノキを愛する会」の活動ブログです。署名をお考えの方は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~natsu86/からPDFファイルが手に入ります(印刷してお使いください)。弁天町のつぶつぶカフェさん(http://tubutubu-cafe.net/)でも署名ができます。仲間も募集中です!関心ある方は、mukunoki.enoki@gmail.comまでご連絡ください♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
ムクエノキの写真あれこれ
リンク
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。