スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の変化~戦後の航空写真から

国土地理院のHPからは、いろいろな時代の地域の地図や航空写真が手に入ります。(http://mapps.gsi.go.jp)

航空写真は戦前からあるのですが、やはり古いものは解像度がよくないですね。戦後に米軍が撮ったものが、比較的解像度が良いでしょうか。

スライド1

上の写真は戦後直後に米軍が撮影した昭和22年の写真です。左上が早稲田小学校の校舎です。早稲田小学校も、空襲で焼けました。ただ建物がコンクリートで堅牢だったので、その骨格を残して現在の校舎になっています。2年経ってもまだ一面空き地ですね・・・。でも、柳町の交差点の周りは家が結構残っています。

土地の地形もはっきりわかります。台地の辺縁の崖がはっきり見えます。現在の弁天町アパートのあたり(赤い四角のあたり)は神田川に向かって細長い低平地を成していて、川が流れていた様子(青い線)がよくわかります。大エノキは、お年寄りの記憶では、戦前から育っていたそうなのですが、ちょっとよくわからないですね。黄色い矢印の先のあたりにあるはずなんですが。拡大してみてみると、ちょっともじゃっとした感じなので、何か木は生えてはいそうなのですが、やはり画質に限界が・・・。

ふたつ目の写真は昭和38年です。すっかり、都会の密集した家並みです。川は暗渠になっています。この時期になると、エノキの姿もはっきり見えます。今よりは小さいですね。それから、地域には、大木が結構残っていたことがわかります。
スライド2


これが、3枚目、現在(2009年写真)になると、ほかの大木は全て切り倒され、大エノキだけが一本かろうじて残っていることがわかりますね。大エノキの貴重さ、大切さを改めて感じます。

スライド3

(KY)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むくのき・えのき

Author:むくのき・えのき
都心 新宿区の街なかに残されたエノキ(ムクエノキ)の巨樹を何とか残したいと地域住民で立ち上げた会、「巨樹の弁天町エノキを愛する会」の活動ブログです。署名をお考えの方は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~natsu86/からPDFファイルが手に入ります(印刷してお使いください)。弁天町のつぶつぶカフェさん(http://tubutubu-cafe.net/)でも署名ができます。仲間も募集中です!関心ある方は、mukunoki.enoki@gmail.comまでご連絡ください♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
ムクエノキの写真あれこれ
リンク
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。