スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大エノキの育つあたり~漱石 「硝子戸の中」から

夏目漱石の「硝子戸の中」 二十三に、「根来」という地名が出てきます。おそらく大エノキの育つ、弁天町アパートのあたりのことを書いているのだと思います。漱石にとっても”昔”の風景として、茶畠と竹藪が出てきます。明治初期あたりの風景でしょうか。

お茶は、朝霧でおいしくなるといわれ、霧を生む水辺の盆地が良い産地になります。そして竹藪は河川敷によく生えていて、水害にも強い植物です。昔の、のどかな水辺の弁天町の風景が浮かびます。


早稲田に移ってから、私は又その門前を通って見た。表から覗くと、何だか故と変らないような気もしたが、門には思いも寄らない下宿屋の看板が懸っていた。私は昔の早稲田田圃が見たかった。然し其所はもう町になっていた。私は根来の茶畠と竹藪を一目眺めたかった。然しその痕跡は何処にも発見する事が出来なかった。多分この辺だろうと推測した私の見当は、当っているのか、外れているのか、それさえ不明であった。…

(Norih)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むくのき・えのき

Author:むくのき・えのき
都心 新宿区の街なかに残されたエノキ(ムクエノキ)の巨樹を何とか残したいと地域住民で立ち上げた会、「巨樹の弁天町エノキを愛する会」の活動ブログです。署名をお考えの方は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~natsu86/からPDFファイルが手に入ります(印刷してお使いください)。弁天町のつぶつぶカフェさん(http://tubutubu-cafe.net/)でも署名ができます。仲間も募集中です!関心ある方は、mukunoki.enoki@gmail.comまでご連絡ください♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
ムクエノキの写真あれこれ
リンク
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。