新宿区景観まちづくり審議会会長 進士五十八先生からの、署名と榎についての深いメッセージ

新宿区の景観まちづくり審議会会長である進士五十八先生からも、ご署名とエノキについての深いメッセージをいただきました(ご了解を得て紹介しています)。

進士先生は、造園学者、農学者、元東京農業大学学長であり、景観保全や街づくりについて、各種の政府・自治体・学会の委員や長を歴任されてきました。



  「大榎はその土地の歴史の証人でしょう。

   榎塚が全国にあったのは、一里塚などに植えられ、

   ゆきだおれの旅人の出ないようにエノキの実が役立ち、

   緑陰をランドマークとして多勢の人々に親しまれてきたからです。

   すべての榎が守られるべきです。

                        進士五十八」



榎の木には、そのような意味もあったのですね!人々の命を守るとても大切な木だったのです。
そして、私たちの大エノキも、地域を守ってくれていると感じます。


また、活動をしている私たちにも、以下のようなメッセージをくださいました。

「大賛成です。・・・都市樹木保存法での指定もなされていると思いますが、この大木であれば、文化財でもあります。」

進士先生、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むくのき・えのき

Author:むくのき・えのき
都心 新宿区の街なかに残されたエノキ(ムクエノキ)の巨樹を何とか残したいと地域住民で立ち上げた会、「巨樹の弁天町エノキを愛する会」の活動ブログです。署名をお考えの方は、http://www5e.biglobe.ne.jp/~natsu86/からPDFファイルが手に入ります(印刷してお使いください)。弁天町のつぶつぶカフェさん(http://tubutubu-cafe.net/)でも署名ができます。仲間も募集中です!関心ある方は、mukunoki.enoki@gmail.comまでご連絡ください♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ
ムクエノキの写真あれこれ
リンク
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR